POCOでのブログメニューの扱いと編集方法

ダイブツ

この記事は約 2 分で読めます

メニューはブログの標準機能ですが、 WordPress の標準設定ではなくテーマごとに登録しています。どのような仕組みで動いているのでしょうか?

このページでは POCO で用意しているメニューの種類と編集方法を解説します。

メニュー機能はテーマ側で用意する

ブログで当たり前のようにあるメニューですが、これらは各テーマで個別に用意しています。

POCO も他のテーマにならって「ヘッダーナビ(グローバルメニュー)」と「フッターナビ(フッターメニュー)」を標準で用意しています。

【補足】

メニュー機能を実現するにはソースコードレベルでメニュー登録をする必要があります。 POCO では functions.php にて下記のコードを実装してあります。

これらのコードによってヘッダーナビとフッターナビが登録されています。

メニューを増やしたい場合はご自身で register_nav_menu 関数を追加することで実現できます。

メニューの作り方とカスタマイズ

メニューのカスタマイズ方法はすでにご存知かもしれません。しかし POCO で実装したコードと実際の使われ方の関連性を示すため、簡単におさらいします。

ワードプレスの管理画面左から「外観」→「メニュー」をクリックします。

メニューが何も登録されていない場合、上図の画面が表示されます。メニュー名(自分で管理しやすい名前)を入力して「メニューを作成」をクリックします。

メニューのカスタマイズ画面が表示されますので、編集します。編集方法は他のテーマと同じです。

上図の点線部分「メニューの位置」に「ヘッダーナビ」と「フッターナビ」が表示されています。これらが POCO のソースコードで登録したメニュータイプです。

この項目を増やしたければ、先ほど紹介したソースコードの追加をすることで実現できます。

編集後「メニューの位置」にてどちらのメニュータイプかチェックしてください。すべての編集が終わったら「メニューを保存」をクリックします。

以上で編集したメニューがブログに反映されます。

この記事のカテゴリ:POCOでブログ運営
この記事のタグ: なし

シェアする

POCOを作った人

ダイブツ

WordPressでブログをはじめてみたものの、既存のテーマでは満足できなくてPOCOを制作しました。親サイトのコンセプト「自分の知識やノウハウをすべて公開する」にならって、POCOを通じて得たWordPressの知識はこのサイトで紹介します。

親サイトにある私の紹介:プロフィール

フォローする